女性の更年期の薄毛対策

更年期の薄毛は避けられない


女性の閉経は日本人は40代後半~50代前半と言われています。
この時期を更年期と言い、女性が閉経を迎える前後5年間はホルモンバランスが崩れやすいとされています。
女性ホルモンの分泌に影響が出るため、抜け毛や薄毛などにも影響し、更年期特有の髪の毛の悩みが出てきます。
髪のボリュームが無くなったと感じたり、白髪が増えたりといった悩みが出るのもこの頃です。
この閉経に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の低下は、髪質だけでなく体調の変化ももたらします。
どのようなヘアケアが有効か考えていきましょう。

頭皮に栄養を与えよう

頭皮に栄養を与えることがまずは大切です。
おすすめは大豆イソフラボンです。
イソフラボンは大豆の胚芽に含まれる植物性ポリフェノールの一種です。
女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と同じような働きをするために、摂取すると同じような効果があると考えられています。
不足するエストロゲンを補うために、積極的に取るようにしましょう。
含まれている食品群は、納豆や味噌、豆腐などの大豆製品です。

ノンシリコンシャンプーに変えてみよう

頭皮ケアではこれまでの洗浄力の強いシャンプーから、より髪の毛に優しいアミノ酸系のシャンプーに変えてみるのもいいでしょう。
頭皮ケアを考えるならば、ノンシリコンシャンプーや育毛シャンプーもおすすめです。
20代、30代の早い内からシャンプーケアに力を入れることで、40代、50代の髪の毛が変わってきます。
特にシリコンが毛穴に良くないことは知られているので、個人的には最近目立ってきたノンシリコンシャンプーの利用をおすすめします。

ヘアケア方法を変えてみよう

髪の毛を洗うときは髪を洗うよりも、頭皮を洗うスカルプケアを考えましょう。
頭皮をもみ洗いすることで、固くなった頭皮がほぐれ、血行が良くなります。
毛母細胞や毛穴に栄養と酸素を送るためには、何よりも血流をよくすることが大切です。
またシャンプー後の育毛剤の利用もおすすめです。
女性向けの育毛剤の多くは栄養剤を含んでいるので、しっかり頭皮ケアが終わった後に育毛剤をつけることで効果が上がりますよ。