女性の抜け毛の原因

女性の抜け毛の原因とは?

女性の薄毛は男性のハゲとは原因も理由も違います。
ここでは女性に特徴的な脱毛症と、髪の毛が抜ける原因について探っていきます。

女性のびまん性脱毛症

女性の薄毛の原因で最も可能性が高いとされるのが「びまん性(瀰漫性)脱毛症」です。
男性では「男性型脱毛症(AGA)」が最も多いタイプ(90%以上)とされていますが、これは頭頂部から髪の毛が薄くなったり、髪の生え際からM字型に後退していく脱毛症です。
男性ホルモンの異常などが原因で、何年もかけて少しずつ特定の部位から広がるように薄毛が進行していきます。
一方で女性の「びまん性脱毛症」の場合、「一面に広がる」という意味の「瀰漫」という言葉が示す通り、特定の部分からと言うよりは、頭全体の髪の毛の量が減っていきます。
薄毛が均等に進行して、地肌が見えるくらいまで少しずつ抜けていくのが特徴です。
若い女性でこの症状をあらわす人は多くなく、30代~の中年期に多く症状が見られます。
女性の脱毛症で育毛剤が必要になったり、専用のヘアケアが求められるのは、この脱毛症です。
ストレスで抜ける場合も、この髪全体からハラハラと抜けていくびまん性脱毛症が多いようです。

原因はストレスが多い

びまん症脱毛症の原因としてもっとも多いのが、ストレスです。
仕事をしながら育児をする共働き世帯が増えたことで、会社の人間関係や育児のストレスなどが女性で増えています。
夫の両親との同居など嫁姑問題で悩む方も多く、育毛剤口コミを見ているとママ友や夫との関係が原因の場合も散見されます。
育児や離婚などが原因でストレスの解消が難しいと、進行を止められないこともあります。
ストレスの少ない生活を手に入れると回復するケースが多いようです。

若い女性は極端なダイエットに気をつけて

若い女性で脱毛症に悩む人で多いのが、極端なダイエットが原因というもの。
ストレス以外だとこちらを怪しんだ方が良いようです。
ダイエットが急激に行われると、髪の毛まで栄養が行きわたらなくなります。
またホルモンバランスも崩れてしまいやすく、女性ホルモンの分泌が滞ったりします。
ダイエットを休止すると、じょじょに回復することが多いようです。

自然な老化が原因かも

中高年女性で脱毛症が心配になるのは、自然な老化が原因かも知れません。
50歳を超えると女性でも自然に薄毛が目立ってきます。
その原因は歳を取ることによって、コラーゲンやヒアルロン酸など、髪の毛の育成に必要な栄養素を作る能力が低下するから。
毛母細胞自体が弱って毛包がなくなることも多くなるため、生えてくる髪の毛の総量が減り、全体的に薄くなるのは自然なことなのです。
もしも何らかのケアをしたい場合は、頭皮マッサージや育毛剤の援用などをおすすめします。