白髪や薄毛の悩みに30代からのエイジングケア

髪の悩みは30代から


髪の毛は人種や年齢によって大きく違うものですが、個人で言うと一般に20代がその太さや量ともにピークと言われています。
しかし髪の毛の問題には遺伝的な要因が絡みます。
幼い頃にかかった病気の影響などで若くして白髪になったり、髪の毛が抜けたりする人も多いため、親兄弟が平気だからと言って悩まされないわけではありません。
また男性では20代前半で男性型脱毛症(AGA)に悩まされる方もいます。
このように個人差が大きい髪の毛の問題ですが、一般的に言って白髪や薄毛などの心配事が持ち上がってくるのは、30代前半ごろです。
この頃には自分がどのような傾向を持っているのかがわかってきます。
そして30代後半には薄毛や白髪の悩みがごまかせないものとなってくるのです。

髪の毛のアンチエイジングが大切

30代になってくると髪のコシやツヤが無くなってきます。
若い頃はストレートのロングヘアだった人や、キューティクルが揃っていて天使の輪が出ていた人も、じょじょにツヤや美しさが失われていきます。
これはどんな人でも程度の違いはあれ絶対に起こってくることなので、できるだけ髪の毛の質をキープするように努力することが大切です。
弱くなった髪の毛は以下のような特徴が出てきます。

弱った髪の特徴

  • 「クセがつきやすい」・・・髪の毛からコシが無くなるために細くなり、クセがつきやすくなります。
  • 「ツヤがなくなる」・・・髪の毛からキューティクルが失われてくるために髪の毛からツヤが失われます。
  • 「うねりが出る」・・・保湿力、保水力が低下するために髪が乾燥しやすくなり、うねってきます。
  • 「癖毛になる」・・・直毛のストレートだった美しい髪がくせっ毛になったりします。
  • 「髪通りが悪い」・・・髪がゴワゴワしてきて、櫛がさっと通らなくなります。

髪の毛の老化は避けられません

これらの特徴の内、特にうなるような癖毛になる人が多いことが知られています。
しかしこれを逆手にとって、うまくパーマをあてることでボリュームを維持し、見た目をキープする人もいます。
その年齢に見合ったファッションや、魅力というものがあるので、その意味で髪の毛のアンチエイジングの他にも、見た目のエイジングケアが大切なのだと言うことでしょう。

あまり髪の毛を意識しない人も、第一印象を決定するボリューム、白髪の有無ぐらいはケアしておきましょう。最近の白髪染めはヘアカラートリートメントやシャンプーでじょじょに染めるものが出ています。
見た目エイジングケアを意識しておけば、そこまで極端なことをしなくても見た目年齢はキープできます。
早め早めに髪の毛をケアしていきましょう。