産後の抜け毛について

分娩後脱毛症とは


出産後、多くの女性が悩む脱毛症が「分娩後(産後)脱毛症」です。
出産を終えた後、1ヶ月ぐらいで現れる症状で、驚くほどの量の髪の毛が抜けてしまいます。
すごいショックを受けると思いますが、でも安心して下さい。
産後の抜け毛は女性にとって自然なことなのです。
抜けた髪の毛はそもそも妊娠中に抜けるはずだった髪の毛です。
一気に抜けるから心配になりますが、抜けるべき髪が抜けただけで、これまでが髪の毛が多すぎたのです。
あまりの量が一気に抜けるので、これを若いお母さんに感覚的に理解してもらうのは難しいのですが、人間の体の正常な反応なのです。

原因は女性ホルモンの変化にあります。

分娩後脱毛症の原因は女性ホルモンの変化です。
それもこの脱毛症は女性ホルモンが正常化する過程で起こります。
妊娠中は女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)が妊娠を維持させるために盛んに分泌されるようになります。
この黄体ホルモンは髪の毛のヘアサイクルの内、成長期を長くするために抜け毛のタイミングを遅らせてしまいます。
出産によってこの黄体ホルモンは分泌が終わり、次の妊娠のために排卵を促進する卵胞ホルモン(エストロゲン)が一気に分泌されるようになります。
卵胞ホルモンは新しい髪の毛を作り出す働きを持っているため、古い髪の毛をどんどん抜けさせてしまうのです。

抜け毛はホルモンバランスが戻るから

出産後の急激なホルモンバランスの変化は、体をまた妊娠できる状態に持っていこうとする女性の自然な働きの一環です。
一度に抜ける髪の毛の量には驚きますが、元から抜けるべき毛が抜けただけなので、髪の毛の総量は妊娠前とそうは変わりません。
出産後、数ヶ月~1年もすれば、ホルモンバランスはまた妊娠前と同じ状態に戻ります。
抜け毛と髪の毛が生えるヘアサイクルも元に戻るので、安心して下さい。とはいえ、不安な人はプラセンタサプリメントを摂取することで多少の効果が見込める可能性もありますので、そちらも試してみてもいいと思います。

ヘアサイクルが戻らない場合

高齢出産による体調不良や産後のストレスなどで、ホルモンバランスが乱れたままになると、なかなか抜け毛が減らない場合があります。
これはストレスや自律神経の異常により女性ホルモンの分泌が停滞してしまうから。
女性ホルモンが少なくなると髪の毛の健全な成長が阻害されてしまいます。
そのためストレスのケアやリラックスできる生活などで、恒常性(ホメオスタシス)を取り戻さなければなりません。
育毛剤に頼るよりは、アロマテラピーや旅行などの助けを借りることをおすすめします。