白髪や育毛剤が気になる更年期女性に送る美髪プラン

女性は薄毛を隠してる

女性も薄毛に悩んでいる

薄毛や抜け毛は長らく男性だけの問題とされてきました。
しかし本当のところはどうでしょうか?
一見、髪が薄いのは男性だけのように見えます。
しかし年齢を重ねていけばホルモンの分泌量が少なくなるので、当たり前ですが女性の髪の毛もじょじょに薄くなります。
女性は自分の髪の毛に最大限気を使っているので、薄毛を目立たないようにしているだけなのです。
実際にはストレスや生活習慣によって、女性でも薄毛や抜け毛で悩んでいる人はたくさんいます。
それは女性が増えていたり、女性用の育毛剤の売上がぐんぐん伸びている事実が裏付けています。

女性の隠れ薄毛が増えている

女性の「薄毛」の悩みは本当に深刻です。
男性ほど明らかな「ハゲ」や「薄毛」が周りにいないために誰にも相談できず悩んでいます。
これまで女性の薄毛はあまりクローズアップされてきませんでした。
その弊害がいま出てきています。

ストレスが薄毛の原因

女性の薄毛が増えた背景には、女性の社会進出が進んでストレスに曝されやすくなったことがあります。
家庭に入る女性が少なくなったり、共働きなどで働かなければならない女性が増えて、人間関係や仕事や育児の悩みを1人で抱え込みやすくなったのです。

ポジティブにはできない髪の悩み

女性の薄毛は、目立たない=隠されています。
男性のハゲは本人の気持ち次第で、坊主にしたり、ファッションの一部にすることができます。
ロシアでは坊主の男性はセクシーで格好いいんだとか。
しかし日本の女性はそうはいきません。
女性で坊主という人は、芸能人か尼僧か、アーティストなどのよっぽど特殊な環境にいる方だけです。
この点も男性とは違います。

女性は必死に隠してる

考えても見て下さい。
スキンヘッドの有名な女優さんがいますか?
男性の俳優さんなら髪の毛が薄い人を何人もあげられます。
ハリウッド男優だけでなく、日本の俳優さんや歌舞伎役者などもいくらでもいます。
でも女性はどうでしょうか?
坊主やスキンヘッドにしている人を何人もすぐに思いつくでしょうか。
それほど「女性=髪の毛がある」、「女性らしい=髪の毛が長い」というアイコンは私たちの常識のようになっているのです。
女性は必死で自分の髪の毛が薄いことを隠しています。
ここではそんな女性の育毛について考えていきたいと思います。

最新アーティクルガイド